住宅の購入

家の模型

住宅購入は一生の中でも一番大きな買い物と言えます。
実際に住宅を購入する際には大きな資金が必要であることから、頭金を現金で支払い、残りを住宅ローンの借入で賄うことが殆どです。
このように、大きな買い物である住宅を購入する際には、後悔しないように注意する必要があります。
住宅を購入した後に後悔したとしても、賃貸物件のように簡単には住み替えることが出来ないため、住宅購入の際に注意しておきたいポイントがいくつかあります。

一戸建ての購入
一戸建ての住宅を購入する場合には、建売物件と注文住宅の二つの選択肢があります。
実際に一戸建てを購入する際には建売住宅の方が比較的安く手に入ることが多くあります。
一方で、注文住宅は価格が高い代わりに、自分が設計から携わることができるため、理想の家を作ることが出来るのが大きな特徴です。
また、周辺の環境についても注意が必要です。
特に騒音については、昼間だけではなく夜にも物件に足を運んで調べてみることが大切です。

マンションの利点
マンションについては、都会においても多くの物件が販売されていることから、都市部においても簡単に購入が可能となります。
特にタワーマンションが多い現在においては、繁華街に近い場所でも安い価格でマンションが販売されていることが多くあります。
マンションの利点の一つは光熱費が少なくなるということです。
マンションは冷暖房の効率が高いことから、光熱費が少なく済むのです。
一方でマンションを購入する際には建て替え費用について注意が必要です。
長い年月を過ぎたマンションは建て替えを行うことになるため、購入時点からしっかりと建て替えを見据えた管理が行われているマンションが良いマンションと言えるのです。

マンションの利点

マンションの部屋

家を買う時に、最も資金が少なくて済むのはやはりマンションです。
大きな建物の中の1区画ではありますが、これも立派な家といえます。
マンションに住む利点は、大抵の物件が駅から近いなど、交通の便が良いことがあげられます。
通常駅から近い距離にある一戸建て住宅に住もうとすると、地価が高くなかなか手が出ないものです。
その点、マンションであれば比較的安価な値段で購入することができます。
また、上下左右に人が住んでいるので、部屋の暖房効果もあり、冬を暖かく過ごすことができます。

一戸建ての魅力
一戸建てを建てた場合、集合住宅と比べて様々な制限から解放されます。
ペットを飼うこともできますし、ある程度夜遅くまで賑やかにしていても、隣人からクレームが入ることも少なくなります。
また、建物全てが自分の持ち物なので、リフォームや改築などの制約もなく、車やバーベキューなど、趣味の範囲も広がります。
まさに一戸建ては、一国一城、自分だけの城です。
土地を持ち、多くの場合は長く定住するスタイルなので、より地元に根ざした生活ができるのが醍醐味です。

注文住宅という手
一戸建てを建てるときに、最も自由度の高い方法が注文住宅です。
分譲住宅などでも気に入るものがあれば良いですが、100点満点自分の要望通りの家を探すのは至難の業です。
注文住宅なら、外観や間取りを一から決めることができ、住む人の人数や構成に合わせた満足のいく家造りをすることができます。
また、メーカーにより、家を建てるための建築資材の種類をある程度選ぶこともできるため、予算に応じて調整できるのも魅力です。